層間紙Separater

層間紙

層間紙(そうかんし)とは、リールに製品を巻き取るときに、製品の間に巻き入れる紙のことです。鎖状のもの(連続端子の巻き取りなど)をリールに巻くときに、製品が絡まないように間に挟みます。

紙の種類には、一般クラフト、中性クラフト、無塵紙、晒クラフトをご用意しています。中性クラフトは、pHが中性なので、酸やアルカリに敏感な製品を巻くときにご利用ください。無塵紙は、表面処理がなされ紙粉が出にくいクラフト紙です。紙粉を嫌う製品を巻くときにご利用ください。晒クラフトは漂白されているので、色は白です。

層間紙の
材質・サイズなど

材質 一般クラフト(茶)、中性クラフト(茶)、無塵紙、晒クラフト(白)
紙の厚さ 50g~100g/m2
リール幅に合わせてご用意いたします

特筆事項

ご注文について

層間紙は、紙リールやプラ段リールと併せてご利用ください。ご注文の際は、一般クラフトもしくは中性クラフト、リール幅、グラム数をご指定ください。